上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.06.07 間隔麻痺

現実

呪縛

狭間

廻間

巡間

呪いは融けるさ
溶かすのだ
熔かすのだ
火炙り
溶解
液体

外へ外へ外へ引っ張られ
僕の形はもう僕の形をしてゐはしなひ危惧に
外れた脳髄の螺が一本二本゜・.。..ころり゜・.ころん.。。転がって

落下
夢じゃない
落下
落下
落下
する

よりも
残忍だ

形の変容には
だけには
耐えられないから




五月に咲く筈だった薔薇が腐敗したので
少女が空腹に泣き顔に火照った頬赤いのは血の気の最期の時だからって

ころころくるふ

わすれなひ
わすれなひ

身体を殺す日は雨が好い

呪縛

溶くには
雨水と
薔薇の腐敗液
水滴
落下

解放













*
スポンサーサイト

 十二月末に贈られる追記或いは現在地として――/












































.










.


2015.08.09 静謐

 静謐
 静謐
 静謐
 之
 騒騒
 ト
 羽搏ク
 聲

 ⋆

 発語の意義から溢れ出でて、
 弾け散る意味。

 書き留める?
 否
 胡散霧散
 書き留められる?
 否

 我が庭に、
 (実りの果実は無し、枯らしてくれよう)

 赤い実は砂に

 (手の平から滑り落ちる)

 (もう何処へも行かないなんて――)

 ⋆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。